予約・お問い合わせ

神奈川県横浜市中区石川町1-12
プラザセレス石川II 2階

一般皮膚科|神奈川県/横浜市/石川町/皮膚科/美容皮膚科/えみ子皮膚科クリニック

一般皮膚科

アトピー性皮膚炎



アトピー性皮膚炎は主に肘・膝の内側にかゆみのある湿疹を長年繰り返す疾患であり、多くはアトピー素因を持っています。 アトピー素因とは、家族歴・既往歴に気管支喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎やアトピー性皮膚炎がある人のことです。
病因としては、乾燥肌、ほこり、かぜ、ダニなどの外的アレルゲンが強いですが、 お子さんの場合には食事のアレルギー関与、また、花粉症のある方でも、食事のアレルギーの関与がある場合もあります。 現在、治療には色々な選択肢がありますので一度、ご相談ください。

詳しくはこちら>>>

湿疹


生活の中でも身近な皮膚疾患である湿疹(皮膚炎)は、皮膚科に通われる患者さんの中でも上位の疾患になります。
湿疹には種類が様々あり、ちいさなぶつぶつから、強いかゆみを伴うものもあります。1週間以上症状が続きます。種類によって原因も多数ありますが、放っておくと長引くことが共通しています。
肌は自身の身体を守る為にバリア機能があり、外からの刺激である紫外線や、ハウスダスト、花粉、ウイルスなどから保護しています。しかし、何らかの原因でバリアが壊れると、侵入してきた刺激から身を守ろうとします。その免疫反応で炎症が起こり、かゆみも生じます。
治療するにあたって、間違った軟膏を塗ってしまうと、かえって悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。市販の薬も幅が広がっていますが、間違った薬を使用しないためにも、当院へご相談ください。

蕁麻疹



湿疹と蕁麻疹は、どちらもかゆみが伴うので、似ていますが、原因や治療は異なります。
蕁麻疹は、蚊に刺された後のように、ぷくっと赤く盛り上がるのが特徴です。ほどんど、1時間から2時間ほどで症状は治まります。原因は食べ物、食品添加物、薬剤、植物、虫、運動、発汗等様々あります。よく知られているのは、サバなどの青魚と、そばアレルギーによる蕁麻疹です。
疲労やストレスは、蕁麻疹を悪化させるので、できるだけ溜めないようにしましょう。防腐剤や色素などの食品添加物は出来るだけ避け、魚介や肉類は新鮮なものを摂るように気をつけてください。

いぼ


いぼの原因は、100種類以上もあるウイルスが、小さな傷から入り込み、感染していぼになります。ほとんどが良性のものですが、感染率が高く、発見次第早めに治療を行いましょう。
いぼにも多くの種類があり、指や肘、膝にできるいぼや、加齢に伴い手のひらや顔面、腕、肩などにできるものもあります。再発や転移しやすいので、早期にかかりましょう。

赤ら顔(酒渣)・赤あざ


赤ら顔は、毛細血管の拡張によって顔が赤くなってしまうことを言います。原因は様々あります。にきびの炎症。アルコールやたばこ、カフェインなどの刺激物の摂取。気温差、洗顔のしすぎによる血流量の増加などです。
軽度のものであれば、上記のものを見直したり、漢方を服用したりして治療を行います。
重度のものは、レーザー治療を行い、改善していきます。

詳しくはこちら>>>

乾癬・掌蹠膿庖症(かんせん・しょうせきのうほうしょう)



乾癬とは、皮膚が少し盛り上がった赤い湿疹に、銀白色の乾燥した角質が付着しているものです。他人には感染しない病気です。症状がある肌のターンオーバー(古い角質から、新しい角質に生まれ変わること)が異常に早い、異常増殖が原因です。
掌蹠膿庖症とは、手のひらや、足の裏などに、膿がたまったブツブツができるのが特徴です。だんだんと黄色みを帯びたものになっていきます。かゆみを伴い、水虫のように乾燥してかさぶたになって落ちていきます。外用剤の他、紫外線治療や免疫を調節する飲み薬などを合わせて治療します。

しみ



気になるしみ、いつのまにかできてしまっていませんか。しみは、メラニン色素が肌に染みついてお肌に現れ、原因としてよく知られているのは、紫外線です。しかし、他にも多々あり、ストレスや加齢、睡眠不足、女性ホルモンバランスのくずれなど様々です。
原因が様々あるように、しみにも種類があることはご存知ですか。一般的に言われている、顔の頬や目の周りにある、左右非対称の楕円形なしみは肝斑といわれ、この肝斑があるかないかで治療法が異なってきます。肝斑は刺激すると悪化してしまうため、レーザー照射などは逆効果になります。
一言で「しみ」と言っても、種類があり、その種類によって適した治療を行わなければいけません。

詳しくはこちら>>>

にきび


にきびは皮脂量が増加する、思春期に現れやすい肌トラブルです。オイリー肌が原因だと思っている方が多いですが、にきびの原因はそれだけではありません。「大人にきび」という言葉があるように、思春期にだけ現れるものではなく、「ストレス」や「食生活の乱れ」なども要因になります。

大人にきびは口回りやあご、おでこ、髪の生え際などにみられ、治療には症状の段階や原因は何なのかタイプを見極めることが重要になります。最適な治療を提案させていただき、にきびが改善された肌にしていきます。

紫外線治療

JTRAC®(ジェイトラック®)



使いやすさを追求した
コンパクトなナローバンドUVB

高まる光線療法のニーズ ナローバンドUVB
従来、乾癬治療のひとつとして確立されていた光線療法として、PUVA療法や中波長紫外線(UVB)療法が行われていました。
その後、UVBの中で紅斑が出にくく乾癬に有効な波長の検討がなされ、中波長紫外線領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)のナローバンドUVB(NB-UVB)療法が登場します。PUVAやブロードバンドUVBに比べて副作用が少ないとされており、より安全に効果的に光線治療が行えるようになったといわれています。
さらに、NB-UVBは、手技が簡単・Psoralenの内服・外用が不要などの簡便性も合わせもち、皮膚科領域で広く普及しています。
現在では、乾癬だけでなく、尋常性白斑・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に対しても幅広く用いられています。

ExSys 308(エクシス308)



当院では、紫外線治療機器『エクシス308』を導入しました。

保険適応疾患は、尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎などです。その他、保険適応外にはなりますが、円形脱毛症や難治性の手湿疹、結節性痒疹などにも効果があると報告されています。週1~2回程度行い、1回の治療時間は、数秒~1分程度です。症状が軽快するまで複数回行います。

通常の治療で治りにくい方で、原則10歳以上の方が対象となります。
光線過敏症のある方や皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある方、免疫抑制剤の内服または外用中の方、ペースメーカ使用中の方は行えません。
保険適応疾患の方の費用は、
3割負担の方⇒1回に1,000円程度(初診料、再診料などを除く)
1割負担の方⇒1回に350円程度(初診料、再診料などを除く)

【製品の特長】

  • 高い臨床効果を誇るエキシマライト
  • 紫外線暴露を最小限にするターゲット型
  • 治療をスピーディにする短時間照射
Page Top